Home > バックナンバー(ウイッピータイムス) > 2号(1996年 5月31日発行)

2号(1996年 5月31日発行)

2号目次

1ページ

  • 遂に五井野博士によってガンの画期的医学論文発表!
  • 96年4月歴史に残る衝撃的講演!
  • 美は世界を救う」ガンに苦しむチェルノヴイリの子供達を治す大プロジェクト発表
  • ラトビア国立科学アカデミーとガンの共同研究契約正式に取り交わされる
  • 世界的ガン権威のトップ科学者も賞賛
  • 講演終了後緊急取材、講演の終盤に駆けつけ、取材、インタビュー

2ページ

  • 世界30ヶ国の代表100人以上が集まる
  • 五井野正博士国際デルフイック協議会副会長就任!
  • 第一回デルフイック大会開催
  • ロシア連邦サンクトペテルブルグ市カレリアホテルにおいて3月29日より31日まで開催された
  • 国際デルフィック協議会の大使として日本デルフイック協議会設立!
  • 東京デルフイック10月開催!
  • 日本デルフイックシンボルマーク決定!

3ページ

  • 美術館始まって以来 大反響の人の波!  ラトビア共和国国立美術館『五井野正展』
  • テレビを初めとして報道陣も多数詰めかける!
  • 大臣を初め各界の名士が勢揃い
  • 多数の報道陣による共同記者会見
  • 霊芝によるお茶会
  • テレビニュースで放送される

4ページ

  • 各国新聞に大々的に報道その数15紙に上る
  • 今日のエスエムより大橋のヴァンゴッホ
  • リーガ独立新聞より自然は芸術の最高の表現だ
  • 9月までロングラン決定

5ぺージ

  • 到着からインタビューが目白押し!
  • 五井野正博士がラトビア共和国に入ってから、宿泊ホテル、各講演会場、国立美術館、アカデミー訪問、歓迎コンサート等、博士の周辺を取材のため報道陣が同行し、帰国まで報道関係者が、五井野博士から離れることはなかった
  • 列車を降りたら美女が二人待ち受けていた
  • リーガホテルにて筆を執るラトビアでの五井野正画伯
  • 取材中のカメラマン、アナウンサーも興奮
  • 三十人の女性合唱団「ジンタース」 シンセサイザーのような響き人間の声とは思えない
  • 国立オペラハウスでのバレエ鑑賞

6ページ

  • 好評連載中!『七次元世界の解説書』
  • 歌川派門人会通信
  • 歌川派門人会を名乗る偽物にご用心!
  • 嘘を暴く正義の緊急記者会見

7ページ

  • 世界に羽ばたくウイッピーのインターネット
  • 誰でも開けるホームページ
  • インターネット入門
  • 歌川派門人会入会申込書
  • ウイッピー通信員システム

8ページ

  • 来月号予告
  • ジャポニスムクラブお知らせ
  • タイムス申込書

Home > バックナンバー(ウイッピータイムス) > 2号(1996年 5月31日発行)

ウイッピータイムス社

〒399-8602
長野県北安曇郡池田町会染5263-7
mail: wippii@avis.ne.jp

このページに対するご意見、ご感想等がございましたらメールをお送り下さい。
サイト内の文章、画像等の無断使用はお断りします。

Return to page top